【診療時間】平日(午前)9:00~13:30(午後)15:00~18:30|土曜日(午前)9:00~14:00
24時間Web簡単ネット予約

診療案内

診療案内

愛育デンタルクリニックの診療内容の一部をご紹介いたします。

一般歯科

一般歯科

当院は、虫歯の早期発見により、「削る治療」から、「管理して予防していく」というポリシーのもと治療にあたっております。初期の虫歯の診断や歯の内部に隠れた虫歯を発見するために、レーザー式の虫歯診断機「ダイアグノデント ペン」という器機を使用し、虫歯の進行状況などを診断しています。低出力のレーザー光を照射するだけなので、痛みもなく、小さなお子様や妊婦の方にも安心してご利用頂けます。ご不安なことなどございましたら、お気軽にご相談ください。「ダイアグノデント ペン」について詳しくはこちら

歯周治療

歯周治療

歯周病は「歯を支えるまわりの組織」におこる病気です。自分で気づかない軽い歯周病を含めると5人のうち4人がかかっているといわれ、歯を失うもっとも大きな原因です。軽度の方のクリーニング治療から、重度の歯周病のための歯周外科手術なども行っています。

小児歯科

小児歯科

生涯のお口の健康を保つために、ひとりひとりのペースに合わせて治療を行っていきます。

予防歯科・メンテナンス

予防歯科・メンテナンス

当院では、生涯を健康なお口で過ごしていただくために、むし歯、歯周病などの病気を予防し、治療後も再発させないことを第一に考えています。
そのためには、病気の原因となるバイオフィルムを取り除く必要があり、専門的な器具を使った定期的なクリーニングが重要となってきます。
お口の状態をみながら、各々に合ったメンテナンスをご提案いたします。

歯の欠損治療

歯の欠損治療

保険の入れ歯、ブリッジ、自費のものまで色々と取扱いがあります。

口腔外科

口腔外科

おやしらず、舌、頬などの病気の治療です。おやしらずに関しては症例によって(特に下歯槽管にすごく近接している、もしくは接している)近隣病院の紹介になります。

矯正歯科

矯正歯科

当院で取り扱っている各種マウスピース型矯正のアライナー(マウスピース)は、国内最大級の規模を誇る株式会社ギコウが製造したアライナーを使用しており、患者様が円滑に矯正治療を行っていただけるシステムをご用意しております。さらに、 永久歯に生え変わる前に行う小児矯正に関して、当院では、通常の矯正装置と併用して「プレオルソ」というお子様の負担を抑えた「マウスピース式矯正装置」を採用しており、矯正装置を嫌がるお子様でも、無理なく取り組んでいただいております。お子様によって歯の成長スピードが違いますので、治療開始時期などについてお気軽にご相談ください。プレオルソ公式サイトはこちら

マウスピース型矯正(インビザライン)

マウスピース型矯正(インビザライン)

マウスピース型矯正とは、定期的にマウスピースを交換していくことで、計画通りに歯を動かし、歯並びを矯正していく治療方法です。治療を開始する前は、精密な型取りを行い、患者様お一人おひとりに合ったマウスピースを装着して頂きますので、他の矯正装置と比べて、装着時の違和感が少ないのが特徴です。

《メリット》

  • 目立ちにくい
  • 矯正装置の取り外しができる
  • 歯磨きがしやすい
  • 痛みが感じにくい
  • 金属アレルギーの方にも対応
  • お口の中が傷つきにくい

透明なマウスピースなので、目立ちにくく、矯正治療をしていることが周囲から分かりづらいです。虫歯の治療中でも装着でき、取り外しができる為、日常生活には欠かせない歯磨きが矯正期間中であっても、スムーズに行えます。

《デメリット》

  • 治療期間が長引くことがある(装着時間と期間を守り、計画通りに治療をおこないます)
  • すべての症例に適用できるわけではない(歯並びによっては別の矯正治療をおすすめする場合があります)
  • 食べ歩きがしづらい(食事の際は取り外します)
  • 置き忘れて紛失や破損する可能性

すべての症例に適用できるわけではありません。矯正装置を取り外せる為、計画通りに治療を進める為には、装着時間や期間をお守りいただく必要があります。

長年、気になっていた歯並びや、コンプレックスをお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

マウスピース型矯正(インビザライン)
マウスピース型矯正(インビザライン)
マウスピース型矯正(インビザライン)

3D光学スキャナー「iTero(アイテロ)」の導入で正確に歯型を採取

3D光学スキャナー「iTero(アイテロ)」の導入で正確に歯型を採取
3D光学スキャナー「iTero(アイテロ)」の導入で正確に歯型を採取

当院では、マウスピース型矯正治療(インビザライン)を患者様の負担を出来る限り抑え、より効果的な矯正治療の実現の為に3D光学スキャナー「iTero(アイテロ)」を導入しております。

《3D光学スキャナー「iTero(アイテロ)」のメリット》

  • 不快感なくスムーズな歯型の採取
  • マウスピース型矯正の精度が向上
  • モニター画面でご自身の3Dイメージを用いて、シミュレーションが可能

《「iTero(アイテロ)」による型取りの流れ》

  1. 「iTero(アイテロ)」でお口の中を撮影
    ペン型のスキャナーでお口全体を撮影していきます。
  2. マウスピースを作製
    撮影データをマウスピース型矯正装置(インビザライン)を作製しているアメリカのアライン社へ送信します。従来のような歯型を空輸せずに、精度の高い3Dデータを送信するため、作製期間の短縮を実現しております。
  3. 治療開始
    作製したマウスピース型装置(インビザライン)が医院に到着後、患者様のお口に装着し治療開始
    光学スキャナーは、ペン型のスキャナーの為、従来の歯の型取りのように、粘土のような印象材を患者様のお口の中に入れる必要がないので、苦しい思いをすることなくスムーズに歯型を採取でき、精密なスキャニング技術によって、以前よりも精度の高い型取りが可能になり、治療の質が向上致しました。